認知症の方への回想法専門研修(さいたま会場)

2019年12月15日(日)、大宮ソニックシティ(埼玉県さいたま市)にて、認知症の方への回想法専門研修を開催しました。さいたま市で認知症の方への回想法専門研修を開催するのは初めてでした。講師は、来島修志理事(日本福祉大学健康科学部リハビリテーション学科作業療法学専攻)、参加者は22名でした。ほとんどの方が、前日の基礎研修を受けた方で、2日間通して受講されていました。

午前中の講義「認知症の方への回想法プログラムの立案・運営」は、どのような方を対象に、何を目的として回想法プログラムを行うのか等、プログラムの計画を立てるための、計画書の作成について講義がされました。ワークショップ「回想法プログラムの立案」では、実際に「回想法プログラム計画書」に、それぞれがこれから行う予定の回想法プログラムの詳細を書き込み、全体で共有しました。発表された計画書に、講師や参加者からコメントをもらい、互いに学びを深めていました。

午後のワークショップ「回想法リーダー技法」では、シナリオに沿って実際の回想法をグループで行ってみた後、リーダー役、参加者役、観察者役それぞれが感じたことをフィードバックし、それをもとにリーダーの役割や技法について意見交換をしました。

写真と文 桑野康一

講義「認知症の方への回想法プログラムの立案・運営」
ワークショップ「回想法リーダー技法」
ワークショップ「回想法リーダー技法」
ワークショップ「回想法リーダー技法」
ワークショップ「回想法リーダー技法」
ワークショップ「回想法リーダー技法」
ワークショップ「回想法リーダー技法」
ワークショップ「回想法リーダー技法」
回想法カテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です