沿革

沿革
内容
2004遠藤英俊医師(現特別顧問)らの呼びかけにより
4月14日 設立
理事 梅本 充子(代表)
   井形 昭弘
   重網 伯明
   桑野 康一
   熊谷 友子(太田黒 友子)
   秋田 敏眞(監事)
事務所 東京都港区浜松町
北名古屋市回想法センター(愛知県北名古屋市)の運営業務委託
若年性認知症の人クリスティーン・ブライデンさんと夫ポールさんを招いての講演会「市民のための痴呆介護セミナー」の開催
2005理事就任 来島 修志
高齢者ソフト食宣言(2005.5 倉敷)
2006理事就任 田中 志子
     深沢 一義
理事 熊谷 友子逝去
代表理事就任 来島修志
2007パーソン・センタード・ケアと認知症ケアマッピング基礎研修の業務委託を受ける
(認知症介護研究・研修大府センター)
2008理事就任 永田 久美子
     田中 とも江
     下山 久之
     黒田 留美子
2012クリスティーン・ブライデン来日公演『認知症の人に学びともにあゆむ』開催(東京都、沖縄県)
2013代表理事就任 田中 志子
事務所を東京都中央区東日本橋に移転
日本高齢者虐待防止学会事務センターの業務委託を受ける
2014理事 重網 伯明逝去
20153月 恵那市明智回想法センター(岐阜県恵那市)の 指定管理受託
10月 代表理事就任 桑野 康一
20164月 事務所を埼玉県さいたま市桜区に移転
5月 第4回 地域回想法サミット開催(東京都)
8月 理事 井形 昭弘逝去
20175月 理事就任 佐久間 尚実
5月 シンポジウム「身体拘束ゼロ・虐待防止のこれからをともに考える」開催(名古屋市)
20186月 シンポジウム「認知症のある高齢者への身体拘束ゼロを問い直す」開催(東京都)
ページ上部へ戻る