ようこそ

恵那市明智回想法センターは、高齢者の方が懐かしい思い出を語り合って脳を活性化し、生き生きとした毎日を送るためのお手伝いをする「回想法」の、実践や研修、普及推進を行う施設です。

以前この建物は、大正初期に開業された「大塩医院」という産婦人科の病棟でした。木造校舎を思わせる二階建ての建物に、さまざまな懐かしい生活道具を展示しています。また、広い庭は四季折々の花々が美しく、心を和ませてくれます。

懐かしい昔の暮らしに思いを馳せながら、ゆったりと流れるひとときをお楽しみください。

明智回想法センタースタッフ 来島修志(管理者)、吉田あけみ、西尾恵子、鵜飼俊之

おもいで日記

3月4日「おもいでカフェ」お雛様をテーマに開催しました

岐阜県東濃地方では、おひなまつりは旧暦の4月3日が多く、2月末くらいから飾り4月3日まで、お雛様を飾ります。3月24日のお彼岸が明けてから4月3日まで飾る家もあります。どちらも女の子の無病息災・成長を願ってお雛様を飾ります。おひなまつりの風習は時代だけでなく、各地方・場所によっても異なっているようです。

この地方では、戦前まで雛人形と言えば「土雛」でした。多くの家庭に普及していました。参加者の方たちとお話ししていても、「土雛」の話が尽きません。「今でも毎年20体もの土雛を部屋いっぱいに出している」とか、「1年に1ぺんは出してあげると喜ばれいているような気がする」などの話がでます。昔は子だくさんの家庭が多くて、この時期になるとお祝いのお雛様を差し上げるのに、お金がかかって大変だったそうです。

そして、お供えにする「からすみ」を1日中皆で作って、隣近所に配ったりしたものです。「からすみ」とは、東濃地方に伝わる「ひな菓子」です。見た目は、富士山型で外郎(ういろう)に似ていますが、米粉に砂糖を入れて蒸した素朴なお菓子です。東濃地域では、いつの時代も桃の節句には欠かせない、親しみのあるお菓子です。

この日は、実際に土雛を見ながらのお話で、和気あいあいと楽しく回想法が出来ました。

写真と文 吉田あけみ

「おもいでカフェ」認知症ミニ講座を開催しました

明智回想法センターの「おもいでカフェ」は、認知症について学ぶことができる場としてミニ講座を開催しています。今回のテーマは『認知症を持つ人を介護している家族のことをともに考えよう。』でした。講師は来島(日本福祉大学)が担当しました。

認知症は加齢に伴い、だれもが直面する病気であり症状です。その認知症をもつ人を介護する立場の家族も、様々な戸惑いや悩みを抱えていらっしゃいます。そこで、以下の「介護家族の4つの心理的ステップ」を踏まえ、介護を終えた方の経験談を伺いながら、意見交換を行いました。

「介護家族の4つの心理的ステップ」
1.「戸惑い・否定」・・・・・・肉親だから、まさか、と思い認めたくない時期
2.「混乱・怒り・拒絶」・・・・認知症の症状に振り回され最も辛い時期
3.「割り切り・あきらめ」・・・介護を独りで抱え込んでしまう時期
4.「受容」・・・・・・・・・・介護やその人自身を受け入れて前向きになれる段階

そこで、介護を頑張っていらっしゃる家族に対して「頑張ってください」と言っては、ダメです。「頑張っていらっしゃいますね!」と言ってさしあげましょう。ねぎらいの言葉をかけてあげることが大事です。そして、ひたすら、愚痴を聞いてあげる、またデイサービス等の介護保険サービスや、介護や対応の仕方など経験談や工夫について情報交換することもよいでしょう。
コーヒーを飲みながら参加者それぞれが、思いを語り、和やかななか終了しました。

次回の講座は5月6日(金)を予定しています。

写真と文 吉田あけみ

読み聞かせの会を開催しました

明智回想法センター初のこころみで読み聞かせの会を開催しました。

12月3日(金)絵本専門士 森岡由紀子先生をお招きして、昔話と民話の本の読み聞かせで、参加者皆さんの認知症予防と楽しみのために開催しました。

読まれた本は、長野県阿智村方面の民話と昔話。「二ほんのかきの木:熊谷元一さく/え」「もらいぶろ」「こばし休み」「かさじぞう」「ももたろう」「鬼のうで」等々、誰が聞いても懐かしい本ばかりでした。参加者は、げんきかいメンバーさんと恵那市の広報を聞いて参加された方で16名の参加があり、先生の語り口も良かったので、皆さん楽しく聞いて見えました。終了しても、読まれた本を回して話が盛り上がっていました。

写真と文 吉田あけみ

明智小学校の特別授業で世代間交流を行いました

10月30日(土)明智小学校の特別授業で、1年生の児童と「昔の遊びを教えて!」をテーマに、げんきかいメンバーさん10名、職員3名で、世代間交流を行いました。

約1時間、ゴム飛び・羽根つき・おはじき・あやとり・折り紙・飛行機飛ばし・こま・タガまわし・けん玉・まりつき等をしました。

小学生と高齢者と楽しく過ごしました。

写真と文 吉田あけみ

明智回想法センターまつりの来館参加中止のお知らせ

東濃5市「緊急事態」宣言が、8月20日から9月12日まで発令されたことを受けまして、9月4日におこないます「明智回想法センターまつり」の来館参加を中止することとなりました。ご予定いただいた方には、深くお詫び申し上げます。

オンラインでの参加は可能となっております。ぜひオンラインでのご参加をご検討ください。


お問い合わせ:fukushi1@enat.org(明智回想法センター)