桑摘籠

市内の方から、桑摘籠を寄付していただきました。

昔は養蚕農家が多くありました。
おカイコ様のエサとして桑畑を作り、この籠に摘んで運んでいたのです。

大きさが1mくらいあります。
名札の横にボールペンを掛けてみましたが、いかがでしょうか。

こんな大きな籠を背負ったら、体が半分隠れてしまうと思います。
重みもあり、ちょうどランドセルに教科書を入れたように感じました。
桑を入れたらもっと重いのだろうと思います。

これを何往復もしていた農家の方はすごいですね。
写真では知っていましたが、もっと小さい籠かと思っていました。
これは男性用なのかな…?

よく回想法をしていると、高齢者の方が
「昔の人は働き者だった」
とおっしゃいますが、その意味が分かりました。

皆様のお家にも昔の道具はありませんか。
持ち込みか自費で送っていただくことが可能でしたら
ぜひ、お願いいたします。(特に生活小物を募集中です)

日常カテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です