くつろぎの庭

今日は、当館の庭をご紹介します。
広い敷地内に元大塩医院の病棟(本館)と診察所(別館)があり、周りには松やもみじなど、さまざまな木々が並んでいます。

庭を一周する道がありますので、ゆったりとお散歩ができます。
ベンチでは、休んだり、お弁当を食べることができます。
また、季節ごとにさまざまな変化があり、その日によっていろいろな顔を見せてくれます。

3月に桃の花が咲き始め、4月中頃には桜が満開になります。
初夏には藤棚にたくさんの白い花が咲き、梅雨になると紫陽花がきれいです。
ミンミンゼミが鳴き始めるともう夏なので、職員と近所のボランティアの方でせっせと草取りをします。
暑さが落ち着くとだんだん草も生えなくなり、庭のもみじやかえでが紅葉を迎えます。
藤棚には大きいえんどう豆のような種がぶら下がっています。
冬は、雪が降るとすっぽりと建物が埋まってしまいます。

特におすすめの時期は初夏と秋ですが、年間通して空気が澄んでいて、気持ちの良い場所です。
少し離れた市街地から通勤していますが、こちらに来ると豊かな自然と澄んだ空気、虫の声などに癒されています。

また、館内のなつかしい道具たちも皆様をお待ちしています。
ご夫婦、お友達同士、カップル、ご家族連れと、いろいろな方々が立ち寄られ、思い思いに楽しんで行かれます。
大正村にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

観光情報カテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です