患者・利用者との信頼関係を築くための回想法入門研修
~思い出語り(回想)は元気のもと~

医療施設や高齢者介護施設で、看護や介護の専門職が、患者・利用者との信頼関係を築くため、また関係性改善のために、回想法を活用したコミュニケーションのスキルを学びます。

研修の概要
項目詳細
セミナー名患者・利用者との信頼関係を築くための回想法入門研修
日時3月23日(土)  10:00~15:00 (受付9:30)12:00~13:00昼食休憩
会場大宮ソニックシティ 603会議室
さいたま市大宮区桜木町1-7-5
講師鈴木 正典(すずきまさのり)
1947年福井県生まれ。鳥取大学医学部卒業、医学博士。
出雲市民病院 麻酔科部長、NPO法人シルバー総合研究所 研究員、
島根県高齢者大学 くにびき学園 講師、松江市民大学 講師
20年ほど前より、がん患者さんへの緩和ケアの一環として回想法に取り組む。現在は、認知症予防のためのサロン活動、高齢者施設でのレクレーションとしての回想法にも取り組んでいる。

(著書)「認知症予防のための回想法 看護・介護に活かすアプローチ」日本看護協会出版会 2013、「思い出かたり」かもがわ出版 2009、「写真で見せる回想法」弘文堂 2004 など多数。
参加費一般 4,000円 
会員 3,500円
※シルバー総研へ入会いただくと、シルバー総研が主催する研修に会員価格で参加できます。割引は本研修会から適用されます。この機会に是非ご入会ください。
(年会費2,000円 ※2019年3月末まで有効)
対象者医療施設および高齢者介護施設の専門職、傾聴ボランティアの方など、認知症をもつ高齢者の医療やケアに関わっている方。
定員50名(先着順) 定員になり次第締切とさせていただきます。
申込方法ページ下の、「申し込みフォーム」からお申し込みください。FAX申込書をダウンロードして、FAXしていただくこともできます。
その他・会場は飲食は持ち込み禁止となっております。ご了承ください。
プログラム
時間内容
9:30受付開始
10:00・患者・利用者との信頼関係を築くための回想法
・コミュニケーションの基本スキル
12:00昼休憩
13:00・回想法の実践(演習)~こんなとき・どうする
15:00終了
研修資料より①
研修資料より②
研修資料より③
研修参加者からの感想
  • 聞いた事のある知識、技術なのに、鈴木先生の話を聞いて、改めて理解でき納得出来ました。
  • 日常の関わりの中でも回想法を取り入れることができると知り、勉強になりました。
  • 人と関わる大切な点を学ぶことが出来た。
  • 関係性改善プログラムは人生を豊かなものにできるプログラムですね。
  • 先生の話術が楽しくあっという間の時間だった、回想法を行う時のコツを教えて頂いてとても役に立ちそう。
  • 笑い顔で楽しく過ごせた講義でした。その土地の有名な場所や食べ物など事前に頭の中に入れておいて、良い質問をすることで話を盛り上げる方法を教えて頂き、参考になりました。
  • 回想法がこんなにも楽しいことだと思いもよらなかった。長期記憶を精一杯生かしていきたい。
  • 87歳の姑がいますので、傾聴を心がけたいと思いました。また、私自身のこれからの人生も改めて笑いが 大事といういことを再認識させてもらいました。参加型の講義でとても良かったです。

申し込み

本研修は終了いたしました。ありがとうございました。

お問い合わせ先

NPO法人シルバー総合研究所
〒338-0812 さいたま市桜区神田313-1 B105
電話 048-711-7144  FAX 050-3737-4902
問い合わせフォームはこちら

ページ上部へ戻る