,

田中 とも江(たなか ともえ)

人物紹介

1984年より上川病院にて高齢者医療に携わり、86年より高齢者患者の治療に伴う身体拘束の廃止に取り組む。この活動は、身体拘束廃止「福岡宣言」を発端として、全国的な身体拘束ゼロ運動に広がった。2002年4月上川病院を退職後独立。その後排泄ケアに力を入れ、多くの介護施設で指導にあたっている。 モットーは『看護師の前に血の通った人間であれ』。

社会福祉法人こうほうえんケアホーム西大井 こうほうえん 施設長
拘束廃止研究所 所長
ジネスト・マレスコッティ研究所 日本支部名誉会長
NPO法人シルバー総合研究所 理事

経歴

愛知県医師会一宮準看護婦学校卒業
東京高尾看護専門学校卒業
1984年上川病院勤務、総婦長在職中の1986年より縛らない看護に取り組む
1998年10月の「抑制廃止福岡宣言」や、1999年6月の「九州宣言」のきっかけをつくる
2009年より社会福祉法人こうほうえんケアホーム西大井 こうほうえん 施設長

講演テーマ

身体拘束廃止
尊厳ある排泄ケア
高齢者施設での看取り

著書

『オムツを減らす看護・介護~おむつに頼らない高齢者の看護・介護マニュアル』監修 医学芸術社 2003年
『縛らない看護』 吉岡充と編著 医学書院 1999年

その他

交通拠点:東京都

ページ上部へ戻る