,

下山 久之(しもやま ひさゆき)

人物紹介

専門分野は社会学(コミュニケーション論)、介護福祉学、ソーシャルワーク。高齢者介護を社会学や人と人の相互作用の側面から読み解き、現場の方にもわかりやすい解説に定評がある。また、スーパービジョンを用いた現場指導も行う。グループ回想法の実践や研究者として、著書や論文も多い。スキューバーダイビングのインストラクターの資格ももちスポーツマンの一面も持つ。

同朋大学社会福祉学部 教授
愛知県介護福祉士会 会長
NPO法人シルバー総合研究所 理事

講演テーマ

認知症ケア
回想法
スーパービジョン
パーソン・センタード・ケア
認知症ケアマッピング(DCM)

実績

平成24年10月 千葉県船橋市教育委員会 (回想法ボランティア育成)
平成24年10月 富山県南砺市 なんと住民マイスターの会 (回想法ボランティア育成)
平成24年11月 三重県南牟婁郡紀宝町 (回想法ボランティア育成)
ほか多数

著書

『新・痴呆性高齢者の理解とケア』(共著)メディカルレビュー社、2004年
『写真でみせる回想法』(共著)公文堂、2004年
『人生の終焉』(共訳)北大路書房、2005年
『ライフレビューブック』(共著)公文堂、2005年
『介護福祉のための社会学』(編著)公文堂、2007年
「認知症高齢者ケアのためのスーパービジョンへのDCM法の導入について-DCM法の教育的効果についての検証-」(単著)明治安田こころの健康財団研究助成論文集第40号、2005年 
「介護福祉士養成校における教育の実際と問題点」(単著) 臨床老年看護Vol.13 No6 日総研、2006年
「職場によくいる“困ったスタッフ”へのスーパービジョン」(単著) 介護人財育成Vol.3 No2 日総研、2006年
「Dementia Care Mapping法を通してのフロアの課題抽出と改善の取り組み」(単著)介護福祉教育Vol.13 No1、中央法規、2007年
「各国の福祉事情第48回 イギリスの介護事情 イギリスにおける認知症高齢者介護①」(単著)月刊福祉10月号、全国社会福祉協議会、2008年
「各国の福祉事情第49回 イギリスにおける認知症高齢者介護② パーソン・センタード・ケアとDCMが誕生した経緯、概要と特徴」(単著)月刊福祉11月号、全国社会福祉協議会、2008年
「各国の福祉事情第50回 イギリスにおける認知症高齢者介護③ パーソン・センタード・ケアとDCM、今後の展望」(単著)月刊福祉12月号、全国社会福祉協議会、2008年 
他、多数

その他

交通拠点:愛知県名古屋市

テーマに関連する講師

  1. 来島 修志(きじま しゅうじ)

    「地域回想法」の普及とまちづくりに取り組んでいます

  2. 牛田 篤(うしだ あつし)

    高齢者分野で介護職の経験を積みながら、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、介護支援専門員の資格を取得した介護福祉士養成校の教員です

  3. 鈴木 正典(すずき まさのり)

ページ上部へ戻る